バイナリーオプションはギャンブルなの?

バイナリーオプションはギャンブル?
バイナリーオプションのハイローは為替レートが上がるか下がるかどちらか一つ予測するだけの取引です。
予測が当たればペイアウトを受け取り出来る権利が得られ、予測が外れるとチケット代は全て没収です。
投資では株や不動産、事業などに資金を出して利益を得るために行います。
株や不動産、事業などの将来性を見て投資することが多くなっています。
投資に対してギャンブルではお金や品物を賭ける勝負事となっています。
バイナリーオプションでもチケット代を支払し、勝負すると言う点では同じです。
このような仕組みからバイナリーオプションはギャンブルと言うイメージがありました。

トレーダー次第では投資に
バイナリーオプションでもトレーダー次第では投資になり得ます。
カジノではたくさんのゲームがありますが、その中で代表的な存在なのがルーレットです。
赤または黒、偶数または奇数を予測する場合、どちらを選んでも勝率は5割です。
しかし実際には0や00があるため、勝率5割ではありません。
長く勝負するほど、0や00があるため損失が少しずつ増えてしまいます。
バイナリーオプションでもペイアウト倍率が2倍切っているため、カジノのルーレットと同じような現象が起こります。
0と00、1から36までの数字があるルーレットの場合、どの数字でも38分の1の確率となります。
分析を行ってもこの確率は変わりません。
しかしバイナリーオプションでは為替相場を相手にしているため、ある程度の分析が出来るのです。
FXと同じようにバイナリーオプションでもファンダメンタル分析、テクニカル分析などを行うことが可能です。
このような分析を行うトレーダーならギャンブルでは無く、投資となるでしょう。

トレーダー次第ではギャンブルに
ただし適当に上がるか下がるか予測し、チケットを購入するだけではバイナリーオプションでもギャンブルになります。
バイナリーオプションでは1ロット数百円ほどでチケットを購入することが可能です。
わずかな資金からでも取引出来るのが魅力です。
その代わりに小ロットの取引では得られる利益も少ないです。
そこでロット数を増やして取引し、大きな利益を上げようとするトレーダーが良く見られます。
無理の無い範囲なら投資と言えます。
しかし分析を行ったとしても無理のある範囲ではギャンブルとなるでしょう。
国内バイナリーオプションでは取引期間2時間以上と決められています。
そのため1日あたりの取引回数はそれ程多くはありません。
しかし海外バイナリーオプションでは60秒で取引終了する短期取引が行えます。
1日に何度も何度も取引を繰り返すことが可能ですが、このような取引ではギャンブル性が高くなります。
短期取引で取引回数を多くするトレーダーもギャンブルと言えるでしょう。

業者によってもギャンブルに
バイナリーオプションでは国内業者と海外業者にて取引することが可能です。
名前の知られている国内業者なら金融商品取引業者として登録しているために安心です。
出金拒否と言ったトラブルに巻き込まれる心配は殆どありません。
信託保全のために万が一のことがあっても預入した資金は戻ってきます。
こういった安全性の高い業者との取引なら投資と言えるでしょう。
海外業者では海外国発行のライセンスを取得しています。
中には2万ユーロまで保証すると言ったライセンスもあり、万が一のことがあっても2万ユーロまでなら大丈夫です。
しかし海外にある無登録業者にて取引するバイナリーオプションはギャンブルと言えます。
出金拒否と言ったトラブルに巻き込まれる恐れがありますが、もし被害に合っても追及することは困難です。
そのため業者選びは慎重に行う必要があります。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

有名なテクニカル分析、酒田罫線法

ローソク足でトレンド把握して勝つ

人気インジケーターMACDとは?

バイナリーオプションでは切っても切れない行動心理学

国内業者メインの「ラダー型」とは?

内部要因分析について