内部要因分析について

日本は昔は、取引所が証券会社やFX会社の注文の状況を全部公表をしていました。

今は、グローバルスタンダードの影響を受けて廃止をされていますが、昔は店別の注文状況をみて相場の行方を占うことも多々ありました。

現在でもその名残は多数残っており、たとえば長い、陰線や陽線が出た場合は相場の方向転換の可能性があるというのは内部要因の分析の結果であり、けっして伝統的に言われていることではありません。

この分析は玉の出方を新規かオチなのかによって相場分析する方法で、年配のトレーダーはこの方式によって相場を判断しています。近年の内部要因分析というのはIMMの発表による相場分析が主流になります。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

有名なテクニカル分析、酒田罫線法

バイナリーオプションでは切っても切れない行動心理学

信頼度が高い!相場に現れるWに注目!

バイナリーオプションとFX私的比較!

バイナリーオプションは経済指標を見る必要がある?

国内業者メインの「ラダー型」とは?